うら・らめ~るブログ

12 26

投稿者: urablog
2013/12/26 10:50

年の瀬ですね。

みなさん、風邪をひかずにお過ごしですか?
浦安市青少年交流活動センター副館長の藤原匡宣(ふじわらまさのり)です。
本年7月に千葉市子ども交流館(指定管理者:アクティオ株式会社)より転任して参りました。
各団体の教室で来館している子どもたちにもようやく名前を覚えてもらえるようになり、
「のりさーん!!」という呼びかけの声が、本当にうれしく思います。
ぜひ、私を見かけたときにはみなさんも声をかけてくださいね☆
  
   ※1 背が高くて、タヌキ体型で、声がでかいのが私です(笑))  
   ※2 のりさん・・・名前が“まさのり”だから“ノリさん”です

****************************************************

☆今回の<職員のつぶやきコーナー:第1回>では、
       年の瀬にちなんで今年の印象的な出来事を発表します!!☆

 ◎定期的に宿泊している高校生グループ
彼らは、シャイでなかなか目を見て話すことができなかった男子高校生。
初めて宿泊した時には、部屋は乱雑、水鉄砲を使って遊んで大はしゃぎで、私は少々頭を抱えました。
しかし、最近の彼らは、顔を見て会話をすることができるようになり、
自分の意思を進んで伝えられるようになりました。
先日宿泊した時には、寝坊をして退館時間に遅れたのを反省したのか、
自ら掃除機で宿泊室の清掃をしていたのが印象的です。

彼らは友人同士が集まる定期的な集団宿泊生活を通じて、
友人との関係を深め、日課を考え、手続きから使用までをこなしています。
こうした社会体験は、きっと将来の糧となることでしょう。

彼らの成長している姿が見られて、この仕事をしていてよかったと心から感じています。
自分のクラスの生徒のように、彼らが卒業するまで見守っていきたいと思います。 


◎♪とーもだちができた、スイカの名産地
秋口に子ども会合宿で利用していただいた市内の○○子ども会。
人数はあまり多くありませんが、保護者の皆さんがレク合宿の企画から運営、引率までをこなしていました。
私は、活動プログラムに係わる助言から、私も一部の活動に参加することになりました。
この子ども会の活動でレクレーション指導をしたときの歌遊びが・・・「スイカの名産地」。
走ってみたり、歩いてみたりしながら、簡単な振付をみんなで覚えつつ
子どもも保護者も一緒に歌い、踊りました。

当館の施設利用では、なかなか定期的に同じ子どもたちに会うことが多くはありません。 
しかし、先日ほかのスポーツ合宿で来館していた子が、「ノリさーん!」と声をかけてくれました。
お友だちに「なんで知ってるの?」と聞かれたその子は、
スイカの名産地の振りをしながら「これだよね!」と微笑みました。
いつまでも覚えてもらえる歌遊び・・・
笑えて、動けて、簡単に!を意識した設定だっただけあって、
覚えていてもらえたことがとてもうれしく思えました。

****************************************************

着任してからの半年間、他にも多くの出来事がありました。
多くの子どもたちや地域指導者の皆さんにお会いすることができ、
「人とのつながり」に感謝しています。

当館では、皆さんから学ばせて頂いている「体験活動の意義」や「プログラムの例」、
そして「活動指導の方法」を参考に、
皆さんの体験活動が当施設で活発に行えるよう環境の構成にも力を入れて参ります。

私たち施設指導者は、これからも地域の皆さんと連携して、
各団体における社会教育・生涯学習活動の一助となれればと思っています。
当館には、教育・福祉の現場で経験を積んできた指導員がたくさん在籍しています。
どうぞ遠慮なく、活動プログラムの相談などお気軽にお声かけください。

ぜひ、新年も当館をご利用いただき、
皆さんの笑顔にお会いできることを楽しみにしています。

では、最後になりましたが、
皆様がよき新年を迎えられるよう、心からお祈りいたします。

Copyright ©2014 浦安市青少年交流活動センター

Tags:
Page Top

浦安市青少年交流活動センター (愛称:うら・らめ~る)

  • TEL047-316-5777
  • FAX047-316-5888
  • ADD〒279-0013 千葉県浦安市日の出7丁目2番1号

◆事務受付業務時間:午前9時より午後9時まで

*ファックスを送信の際は、
お手数ですがファックス発信の旨ご一報いただけますようお願い致します。
*午後9時以降に受信したファックスは、翌日の事務取扱となりますので、提出期限が迫っている場合は特にご注意ください。